素性を聞く

デリヘル嬢に嫌われる会話の代表に、本名や年齢を聞くことがあります。
これはデリヘルだけではなく、風俗業界で働いている女の子全般に共通して言えることです。
風俗関係の仕事をしている女の子はほとんどが素性は隠しているものです。
周りの友人や家族、彼氏などに自分が風俗で働いていることを明らかにしている女の子はとても珍しいです。
ですから暗黙の了解として、デリヘル嬢を含めた風俗嬢にプライベートな質問をすることはNGとされています。

しかしながら、デリヘル嬢に対して、本名や年齢、住まい、家族構成などを聞くお客様は少なくないというのが現実です。
これらのプライベートな情報は、デリヘル嬢されたくない質問のなかでもかなり上位、あるいは一位と言ってもいいかもしれません。
初対面かそれに近い関係性のなかで、個人情報をあれこれと聞き出そうとすることは、人として非常に失礼な行動にあたります。
そしてデリヘル嬢はあの手この手を使ってさまざまなやり口で、しつこく回りくどく個人情報を聞き出そうとするお客様のことを怖がっています。
なかにはデリヘル嬢の源氏名の由来を聞いて、そこから誘導尋問的に個人情報を聞き出そうとするテクニックも存在するようです。
業界での経験が浅いデリヘル嬢で、まれにこうした質問に引っかかり答えてしまう人がいるらしいのですが、ほとんどのデリヘル嬢は引っかかることはないですし、もしそうしたことを聞いたことが店側にバレたときのリスクも高いですから質問することはやめておきましょう。

そして、本名や年齢などを聞くことの次に多いとされている質問が、昼間はどんな仕事をしているのかを聞くことです。
デリヘルは24時間営業で自由出勤性なので、副業的にデリヘルで働いているデリヘル嬢も多くいます。
毎日午後の時間から出勤しているデリヘル嬢なら別ですが、毎日ではなく、しかも夜間だけ出勤しているデリヘル嬢は、昼間に別の仕事をしている可能性が高いです。
どうにかしてデリヘル嬢の個人情報を聞き出したい人はここを突いてきます。
しかしデリヘル嬢は意外にもこの質問にはスッと答えることが多いようです。
とはいえそれはウソの答えです。
そこはさすがに聞かれることを想定して、答えないことでお客様を嫌な気持ちにさせないために、あらかじめそれなりの答えを用意しているのです。

一度答えたところで終わってくれればいいのですが、答えてくれたからと調子に乗ってさらに追求してくるような人は厄介です。
職業だけで素性がバレることはあまりないとは思いますが、具体的な勤務地や仕事内容まで迫られてしまうと個人情報が漏れる可能性があるので怖いと考えているデリヘル嬢が多いです。